フランス窓から花便り

アクセスカウンタ

zoom RSS とても悲しく残念なこと…

<<   作成日時 : 2016/08/03 09:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6


昨日は朝からショッキングなことがあり
気持ちが塞いだ一日になりました。


というのは、我が家の物置で子育て中の
ツバメの巣ヘビに襲われてしまったんです。
先月下旬に四羽のヒナが孵ったばかり、産毛が生え始め、眼も開いて
すくすくと成長していた矢先の事件でした。



画像



毎年早春から営巣するのに、
今年はいつになってもツバメが居ついてくれず
もう今年はツバメは巣は作らないんじゃないかと思っていたので
夏になってからでもやってきてくれて、すごく嬉しかったのに…


朝、親ツバメのただならない鳴き声に
オットガ様子を見に行ったら、まさにヘビが襲撃中で、
巣の中でとぐろを巻いている状況だったそうです。


高枝キリバサミでヘビを挟んで床に落とし
そのまま家の前の川に運んで処分。
一緒にヒナたちも落下し、残っていたのは三羽で、そのうち一羽はすでに死亡。
残りの二羽も片方は出血していたとのことですが
どうにか生きていたんです。



画像



うちではこれまでに何度もヒナが巣から落下することがありました。
巣の下に糞を受ける新聞紙を敷いてますが、
もしもの転落時、衝撃を少しでも軽くしようと
紙の下に厚めの発泡スチロール(トロ箱の蓋みたいなやつ)、
クッション、座椅子のウレタン部分を重ねてあります。
今回それが役に立ち、コンクリート激突にはならずにすみました。


ヒナに人の匂いが付いたら親が戻ってこないかもしれないので、
火ばさみでつかんで巣に戻してくれました。
親が育児放棄したらどうしようという不安もよぎるし、
その後はただただ様子を見て、祈るだけ…


そして一日経過し、ツバメのヒナたちは二羽とも生きています。
大きな口を開けて餌を欲しがっています。
鳴き声が少し小さいような気もしますが…
親鳥も餌を運んでいるようで、ほっとしています。



画像



不幸な出来事で、二羽のヒナが命を落としました。
ヘビも生きるために必死だから、仕方ないですが)
生き残った二羽は無事に巣立って行ってくれることを
心から祈らずにいられません。


***追記***


巣に戻した翌日の朝、
一羽が巣の縁から蝙蝠のように逆さになっていました。
落ちそうになって足が引っ掛かかったままダメだったのね…と勝手に解釈しましたが、
様子を見に行ってくれたオットから
「息しとるで、ダメかもわからんけど巣に戻しといた」と聞き、
早とちりでよかった〜(でも、あの状況を見たらそう思うって)。
その後、口を開けて餌をねだっていたから無事だったようです。ε=(・ゝ・;)


なのに、凝りもせず、同日昼に巣から落下してました。
私の衝撃緩衝材が功を奏してくれたようで
よたよた歩いているところを保護し、再度巣にリターン。
巣から乗り出さないでよ!学習してよ!ちゃんと巣立ってくれよ〜!!!
心配の種が尽きない…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなんですよね… ヘビも生きるためなのだと思うと、単純にどっちの見方とも言えないのですが、都会では巣から落ちたカラスの子をノラ猫が狙っています… そして、ノラ猫の子をカラスが狙っています… 人間は勝手なもので、増えれば処分、少なくなると保護すればよいと思っていますが、自然は複雑で厳しいです…
でもやっぱりそうとはいえ、残ったツバメの子たち、大きく無事に巣だってほしいです!
pmarin
2016/08/03 11:52
自然の摂理とはいえ何とも割り切れない気持ちが残りますね。
こちらはツバメの巣にいる子ツバメを直接カラスが狙います。
どうか生き残った子ツバメちゃんたち元気で巣立ってほしいですね。
あっこちゃん
2016/08/03 13:51
pmarinさん
良い悪いということにはなりません。
野生の世界に人間が口を出すのはNGだと、基本的には思っています。
ただ、好き嫌いって感情ですね。
難を逃れたツバメのヒナが無事に巣立ってくれることを祈るばかりです。
Sai
2016/08/03 21:44
あっこさん
こちらでも巣の中のヒナをカラスが狙いますよ。
うちは集落の真ん中なのでそういうことはこれまでないですが。
カラス予防をしているお宅も見かけます。
どちらも一生懸命生きようとしているだけなんですよね。
なかなかそういう風に割り切って考えることは難しいでけど…
Sai
2016/08/03 21:49
一か月ほど前に、お隣さんの軒下をつばめが何度も出入りしているのを見て、Saiさんのところにも来ているかなぁ〜って思っていたのです。
実家にいた頃、ヘビは数回しか見たことがないのですが、丁度時を同じくして、鳥の巣と卵も初めて庭で見つけました。その数日後、卵がなくなっていたのです!たぶん・・・ですよね。
2匹の子ども、ケガも治って、無事に育ってくれるといいですね。自然の中のことですから、どうして上げることも出来ませんけど。
ちゅう
2016/08/04 18:24
ちゅうさん
自然界の厳しさはどうすることも出来ないと
理屈ではわかっていても、こういう場面に遭遇するとやるせないです…
実は今日巣から落下していたんですよ。
緩衝材(?)が効果を発揮したようで、
コンクリートの床をよたよた歩いていました。
巣に戻しましたが、大丈夫かなぁ…と心配で
ついつい何度も様子を見に行ってしまいます。
先行き、とっても不安ですが、無事に巣立ってほしいです。
Sai
2016/08/04 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
とても悲しく残念なこと… フランス窓から花便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる