フランス窓から花便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 時雨、懲りずに同じことを…

<<   作成日時 : 2016/05/25 21:49   >>

かわいい ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6


半円形花壇の植物たちもずいぶん大きくなってきて、
地面の見える割合も減ったので
そろそろ大丈夫かな…?と、時雨の侵入防止に立てた支柱を外しました。



画像



ここを二階から見るとこんな感じです。



画像



さすがに猫、やっぱり目敏い。
外すや否や、花壇に飛び上がり、
作業用に敷いたレンガの上を走ったかと思うと
奥に置いたスチール製の車輪に向かって
シャシャシャ〜〜〜とスプレーを! 。・"(>0<)"・。ンモォ~


『やめて、屋外なら少々のマーキングには目をつむるけど、そこだけは勘弁して…』
リードを引っ張って引きずり出したものの、再び突進してシャシャシャ〜〜〜


レンガの上に背の高い鉢を置いときました。
車輪周辺には猫の嫌いな匂いのするスプレーをかけておいたけど
阻止できるかどうか、微妙…


・・・・・・


そして年に1回は多分やってる気がするんだけど、
花壇中央に植えてあるヤマボウシに駆け上がり
リードが絡まって降りられなくなりました。



画像



さすがにてっぺんまで行かれると、私では救出は無理。
息子に頼んでお隣のブロック塀に上がってもらい、
どうにか確保しましたが、ホントにもう手がやけるヤツです。



画像



目がいっちゃってる…^^;



画像



こういうことをした後って、必ず毛繕いしますよね(苦笑



画像画像



一方、なっちゃん、リビングで穏やかにお昼寝中。



画像




画像



動のシグ、静のナツ、ってとこかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
時雨さん、高い気に登っちゃうなんて、やっぱりまだまだ若いモンには負けてらんないんですね(^^) でもリードが絡まって自分でもびっくりしたのかニャ?ペロペロナメナメ、焦った焦った落ち着け落ち着けってところでしょうか(^^;
pmarin
2016/05/25 23:17
pmarinさん
木登りは外に出してもらえる時雨の特権ですけど、
大概何かに引っかかって、降りられなくなるんですよね(苦笑
毛繕いは気持ちを落ち着かせるためにやってるんでしょうね〜。
Sai
2016/05/26 20:59
あっ、また登っちゃったのですね。
お兄ちゃんがいなかったら、大変じゃないですか(苦笑)
そして、しゃ〜て、まだしちゃうのですね。一度始まっちゃうと、なかなか難しいのでしょうかね。
そして、円形花壇の前、グラス(リスのしっぽ?でしたっけ?)、いいですね。
後ろにあるのは、ペレニアルブルーかしら。
ふむふむ、近くでみたら、花壇に何が植わっているのか下ばかり見ちゃいそうです。
ちゅう
2016/05/27 09:29
ちゅうさん
はい、また登っちゃいました(笑
なんか、スイッチが入るようです。
息子がいなかったら、だれか帰ってくるまでそのままだったかも…
外でのマーキングはずっとしてるんで、去勢してはいますが
オス猫としての意識は強く残っているようです。

円形花壇の前のグラスはカレックス、ふわふわと優しく風にそよいでます。
他に何も食べられるものがない時は、時雨はこれを齧ってます。
後ろのペレニアルブルー、今満開で一面赤紫ですよ〜。
Sai
2016/05/27 22:17
時雨ちゃん猫ですねえ
木には登るし、マーキングはするし
縄張りもしっかり確保ですねえ
まだまだ元気いっぱいですね
棗ちゃんが家が好きで、逆っていうの意外ですね〜
タフィー104
2016/06/01 06:09
タフィー104さん
正統派ニャンコ!でしょう?
でも自力で下りられなくなっちゃうんで、困ります(苦笑
外でのマーキングは我が家に来てからず〜っとしてるので、
縄張り意識は相当なもんですね。
棗は保護して以来外に出さないけど、やっぱり出たい様子は見せます。
二階のベランダで我慢してもらってます。
Sai
2016/06/01 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
時雨、懲りずに同じことを… フランス窓から花便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる