フランス窓から花便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きな勘違い、もしかして生き残ってた?

<<   作成日時 : 2015/04/23 22:17   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6


我が家で一番早くツルを伸ばし始めたのはロココだとブログに書きましたが、
それはとんでもない勘違いだったかもしれません。


葉っぱが出始めた時から漠然と違和感を感じていたんですが、
その違和感の正体に先日気がついたんです。
ロココを植え付けた場所の写真を見て下さい。
同じ場所から2種類の葉っぱが出てますよね。



画像



シュートを伸ばして旺盛に茂っているのは、画像左側のもの。
そしてこの葉っぱ、3月に買ったCLサマースノーにそっくり!



画像画像



ということは…
テッポウムシにやられて(とどめを刺したのは時雨だったけど)姿を消した、
あのCLサマースノーは実は生きていたってこと?


でも、それって1年半ほど前の冬のことです。
昨年一年間は全くシュートは出てこなかったんですよ。
だから同じ場所にロココを植えたのに…
先月再チャレンジでサマースノーを買ったのに〜。


当初の予定通り、パーゴラは真っ白なバラでいっぱい…
ということになるのでしょうか?
まだ断定は出来ないけど、もしそうだとしたら恐るべき生命力!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Saiさん、こんにちは〜
庭は春爛漫♪、、良い季節ですね
バラのシュート、、、我が家では、ちょっと弱って来たピエールの株元から、元気に
シュートが、、、って喜んだけど、、何か違う?、、、
接ぎ木の台木、でした
でも、台木のシュートを切ると、株は又元気になって来ました
ちなみに、そのシュートには棘は無く、葉っぱは小さかったですね。
Saiさんの写真とよく似てましたが、、、、
でもサマースノーだったら、凄いね、
株元を、棘に刺されない様に確認した方が良いかも、、、もし台木だったら、早めにカットしないと、、ロココが危ない、、と、ちょっと気になっちゃいました
ラムネのあぶく
2015/04/24 11:46
ラムネのあぶくさん
あぶくさん、こんばんは。
確かに接ぎ木の代木のシュートという可能性もありますよね。
もう花が咲きそうな勢いで大きくなってるんですが、どうしよう…
株元を見ても同じところから出てるようにしか見えないし…
実はロココが全然ツルが伸びないのも気になってたんですよ。
代木のシュートのせいだったのかも、ですね。
花を確認してからどうするか決めても大丈夫かなあぁ…不安になってきました。
Sai
2015/04/24 21:54
こちらにもダメかな?
小さな花
2015/04/27 05:41
私も今読んできて、台木かなぁ〜って、思いました。
うちはバラではないのですが、ライラックが毎年台木からが芽を出します。
蕾がたくさんついているなら、まずは花が見たいですよね。
取り合えず、その後根元からカットです。
変なところで、楽しみを見つけましたね(笑)
ちゅう
2015/04/27 20:55
小さな花さん
こっちには大丈夫だったみたいですね(苦笑
またコメントして下さい。
Sai
2015/04/29 09:08
ちゅうさん
ちゅうさん、こんにちは〜。
やっぱり台木だって思いましたか?
私は目がくらんじゃって(苦笑)。
サマースノーに未練がありすぎだよね(笑
どうせ切るなら楽しんでからにしたほうがお得感がありますもん。
この暖かさで随分成長しましたが、開花はまだもう少し先みたいです。
ライラックもそういうことがあるなんて、知らなかった…
Sai
2015/04/29 09:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
大きな勘違い、もしかして生き残ってた? フランス窓から花便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる